2019年01月13日

オリオン大星雲

IMGP5666.JPG

オリオン座の真ん中あたりにある星雲(M42、NGC 1976)を撮りました。
一発撮りですが、しっかり写っていました。

光学系
 鏡胴  FC-100DL
 カメラ PENTAX K70

制御系
 赤道儀 GPD2 2軸モータードライブ
 制御  STARBOOK Type S

撮影方式 直焦点撮影 900mm F9 APS-C

IMGP5598.JPG

制御装置のSTARBOOK TypeSのファームウェア更新をしました。
GPD2は戴き物の大切な赤道儀なので、
長くサポートしてくださるVixenさんにも感謝します。

posted by ぢーま at 00:00| Comment(0) | 天体観測

2018年09月27日

中秋の名月

中秋の名月から遅れてしまいましたが、久々に晴れたので撮影してみました。タカハシの望遠鏡は月を覗くとまるでそこに本物があるようでした。月でコントラストが落ちてしまいましたが、アンドロメダ銀河や、環状星雲が写っていました。

IMGP5160.JPG

IMGP5167_1.jpg

IMGP5169_1.jpg
posted by ぢーま at 23:00| Comment(0) | 天体観測

2018年08月17日

FC100DL

 タカハシ製作所のFC-100DL 鋳物の部品の構造や仕上げ、塗装などは細部まで丁寧で美しく、レンズは蛍石を使って色のにじみを最小にしています。

IMGP4925.JPG

 タカハシ製作所は性能をひたすらに追求し、コストダウンも無駄な宣伝もしない品質志向が世界でトップの信頼を勝ち得ています。その質実剛健さは、近年のマーケティングに偏ったモノづくりメーカーにとって見習うべきものであると思います。


IMGP4926.JPG

IMGP5152.JPG

FC100DLはFC100Dシリーズの焦点距離が長い(900mm)限定生産バージョンで、スコープテックのアトラス80(1000mm)から違和感なく使えました。目的は惑星の眼視や系外銀河の撮影なのでPENTAX K70直焦で月がまるまる入り、CCDアイピース直焦/バローで多くのメシエ天体や惑星が入るので好都合でした。
posted by ぢーま at 15:00| Comment(0) | 天体観測

2018年04月29日

安いUSBイメージセンサと望遠鏡

顕微鏡用のUSB CMOSセンサがとても安くネットに売っていたので、望遠鏡につないて使えないか気になっていました。前はCHINONのベラミHD1というデジカメをCマウントで接続していましたが、シャッタを切ると触れてブレるので、USBカメラみたいになっているものを手に入れました。

最近では汎用USBカメラをスマホに繋げれるようで、簡単に木星や月をとることが出来ました。
感度は低めで衛星までは見れませんでした。

動画で撮れるので専用のコンポジット処理をすればキレイになると思います。

2018-04-29-20-06-37.png
月 スコープテックアトラス80からCMOSセンサ直結

2018-04-29-21-03-49.png
木星 センサ手前に2Xバローレンズ

IMG_20180411_115333.jpg
このようになっています。
posted by ぢーま at 00:00| Comment(0) | 天体観測

2018年04月28日

星座望遠鏡

星座望遠鏡という、手のひらサイズの望遠鏡です。
よくある望遠鏡のように拡大するのではなく、明るさを増やす道具で、
東京などの街明かりに埋もれた星が見えて感動しました。
地元ではもっと沢山の星が見えました。暗いところへ行けば、天の川も目視できるそうです。
視野角が広くつくってあるので星座がまるまる入って、宇宙の散歩を楽しめました。

IMGP4042.JPG
posted by ぢーま at 20:45| Comment(0) | 天体観測